何故実写化してしまったのか!?『ジョジョの奇妙な冒険』

ジョジョの奇妙な冒険とは
現在第8部まで連載されている、
コアファンを掴んで離さない大人気シリーズです。

根強い人気を誇り、
2016年度現在第4部のアニメが放送されている真っ最中です。

そしてつい先日
ジョジョファンを戦慄させたビッグニュースが発表されました。

なんと、第4部を実写化するというのです!

確かに第4部以外の部は舞台、
登場人物が日本/日本人では無いため、
日本で実写化をするうえで一番適切だったのは
4部であったことは間違いないでしょう。

しかし一度でもジョジョの奇妙な冒険を手に取った方ならお分かりになるかと思いますが、
あの劇画調の独特な作風、
どのようにして三次元で再現するというのでしょうか。

主人公、東方仗助を演じるのは山崎賢人さんと発表がありました。

仗助さんは女性キャラクターからの人気が高い端正な顔立ちをしている為、
そういった点ではいいのかもしれません。

しかし仗助の185cmという高身長、
高校生とは思えないほどの筋骨隆々とした体格は、
線の細い山崎さんでは再現が難しいように思います。

ならば誰なら出来たのか、
と問われれば思い浮かびませんが、
もう少し体格に恵まれた方の方がよかったのではないでしょうか。

仗助以外のキャラクターももれなくマッチョしかいないような作品です。

キャストが未発表なキャラクターも多いですが、
どれも微妙な予感がしてなりません。